エコール国際ネットワーク

代表 梅田 純子

 30年前、不登校の中学一年生の女の子と出会ったことがきっかけで、私は小さな「塾」を始めました。無我夢中で子供たちと接しているうちに、気づいたことがあります。

 「子供はみんなひまわりの若葉のよう。太陽に照らされたなら、自分たちの力で、天に向かって伸びていく。大人たちは、太陽がそうであるように、燦々(さんさん)と光を注いであげるだけでいい。環境さえ整えば、子供たちに備わっている力で、自ら成長していく」ということです。

 25年前、その気づきを元に、それまで名前の無かった塾を「ひまわり塾」と命名しました。

 「ひまわり塾」の「ひまわり」たちは徐々に増えていき、それとともに「ひまわり」を育てる「太陽」も増えていきました。こうして、私の仕事はひまわりを育てることから、「ひまわり塾」を育てることへと変わっていきました。

 「ひまわり塾」の講師やスタッフからも多くのことを学びました。子供たちが無言で発する声、「みんなと同じことを繰り返す人生。それでいいの?」という声を聞き取ることの大切さです。つまり、「学校という型にはめ込んで教えることだけが教育ではない。生徒の個性に学校が合わせる教育だってある」ということです。

 私たちは、生徒の個性に寄り添いながらも、自立した社会人を育てる高校教育を模索してきました。そしてようやく、通信制高校との出会いがありました。全日制だけが、高校ではありません。通信制高校という、型にはまることのない教育だからこそ、できることがたくさんあるはずです。

 「ひまわり塾」は4月から一歩前に進みます。